考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・DJ-【外国為替市場概況】FOMC控え、ドルがユーロに対し最安値更新



ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)26日の外国為替市場では、軟調な米経済指標を背景として、米連邦準備制度理事会(FRB)が弱含む米経済に対応するため、利下げに踏み切るとの見方が高まったため、ドルがユーロに対して最安値を更新した。米ミシガン大学がまとめ、ロイター通信が発表した10月の消費者信頼感指数(最終値)は80.9となり、9月の最終値83.4を下回った。同指標は重要度の高い指標とは見なされていないが、この日発表された唯一の主要な指標であり、ユーロを1999年の導入以降で最高値の1.4395ドルに押し上げるには十分な材料となった。ドルはユーロに対してのみならず、カナダドルに対しては33年ぶり安値、オーストラリアドルに対しては23年ぶりの安値を更新し、英ポンドに対しても3カ月ぶりの安値をつけた。

お買い物は楽天で^^




オーストラリアが生産する商品に対する世界的な需要が堅調に推移するなか、オーストラリアドルは、0.9186ドルまで上昇した。年内に米ドルとパリティー(等価)をつける可能性が実際にあると、アナリストは述べている。米ドルはカナダドルに対し、1974年以来の最安値0.9592カナダドルに下落した。カナダは産油大国であり、原油先物価格が26日に1バレル=92ドル台に上昇するなか、カナダドルに対して旺盛な需要が集まった。フェデラルファンド(FF)金利先物市場では、FRBが30日・31日の会合で、現在4.75%の政策金利を4.50%に引き下げる可能性が完全に、さらに、12月の会合でも4.25%に利下げする可能性が100%織り込まれた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。