考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:G7で強いドル政策を確認=ポールソン米財務長官



 [ワシントン 19日 ロイター] ポールソン米財務長官は、19日の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で強いドルを望むと表明したことを閉幕後の記者会見で明らかにした。7カ国は、為替レートがオープンな市場で決定されるべきとの認識を「本質的に確認」した、としている。
 ポールソン長官は会見で「私の立場は非常にはっきりしていた。強いドルが米国の利益であり、為替レートは経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)に基づき競争原理の働く市場で決定されるべき、と信じていることは、これまで常にG7に伝えており、だれも驚くことはなかった」と述べた。
 また、共同声明の為替に関する記述について「明確なコンセンサス」があったと発言。

お買い物は楽天で^^




声明は、中国に対し、人民元の上昇を加速させるよう求めたが、ドル、ユーロ、円は名指しされていない。
 19日これより先、中国人民銀行(中央銀行)の呉暁霊・副総裁は講演で、中国には経済の構造改革をする必要がある、との認識を示した。
 ポールソン長官は、中国政府が人民元の柔軟性拡大にコミットしていると信じていると述べ、呉副総裁の発言を歓迎。
 「われわれは、彼ら(中国)が柔軟性を良いものと考えていることを歓迎する。われわれは、かれらにもう少し速く動くよう促しており、かれらも同意しているようだ」と述べた。
 今回の声明について、人民元に関する部分の最大の変更ポイントは、中国の経常黒字とインフレを鑑みて人民元の上昇ペースを速めるべきと強調した点と説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。