考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:NTTドコモ・アッカ陣営がWiMAX事業パートナーを発表、資本金420億円の調達を目指す



 NTTドコモとアッカ陣営が、WiMAXによる広帯域移動無線アクセスシステム事業の新しいパートナーを発表した。テレビ局から、インターネットサービスプロバイダ、金融機関・ファンドまで計16社がそろった。

アッカ・ワイヤレスは、10月11日、モバイルWiMAXによる広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)事業の展開に向けて、総務省へ2.5GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設計画の認定申請を行ったことを発表。同時に、NTTドコモに続く新たなパートナー各社と資本参加およびBWA事業における戦略的提携に至ったことを発表した。

 パートナーとして発表されたのは、アッカ・ネットワークス、NTTドコモに続いて、WiMAXサービス関連ビジネスパートナーとして、東京放送(TBS)、三井物産、アイテック阪急阪神、京浜急行電鉄、KT Corporation(Korea Telecom)、朝日ネット、NECビッグローブ、ソネットエンタテインメント、ニフティ、フリービット、YRP事業開発研究所。

お買い物は楽天で^^




金融機関・ファンドからは、JPモルガン証券、Ignite Group、DCM。合計16社が名を連ねた。出資比率は、アッカ・ネットワークスが47%、NTTドコモが26%、WiMAXサービス関連ビジネスパートナーが合計12%、金融機関・ファンドが合計15%となっている。

 アッカ・ワイヤレスは免許取得時に合計300億円、その後も追加で420億円の調達を行い、総額720億円までの増資を予定しているため、今後も、さらに幅広く資本参加を募るとしている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。