考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 アッカ・ワイヤレスは10月11日、次世代高速無線の基地局開設計画に関する申請を行ったと発表した。同社は2.5GHz帯でWiMAX事業を展開する計画で、世界標準をベースとしたオープンな水平分業を基本方針として掲げる。申請に当たってはドコモら15社の出資を受け、16社連合で免許の獲得を目指す。

 アッカ・ワイヤレスのパートナーに名を連ねるのは、NTTドコモ、東京放送、三井物産、アイテック阪急阪神、京浜急行電鉄、KT Corporation、朝日ネット、NECビッグローブ、ソネットエンタテインメント、ニフティ、フリービット、YRP事業開発研究所、JPモルガン証券、Ignite Group、DCMで、免許取得時に300億円を調達。

お買い物は楽天で^^




以降、追加で420億円を調達する予定で、総額720億円まで増資する予定としている。

 出資比率は、アッカ・ネットワークスが47%、ドコモが26%、JPモルガン証券、Ignite Group、DCMら金融機関とファンドが合わせて15%、サービス関連のビジネスパートナーが計12%。3Gサービスを提供しているNTTドコモの出資比率は総務省の規定通り3分の1以下に抑えられた。

 2.5GHz帯を利用したモバイルブロードバンド事業の免許申請については、ソフトバンクとイー・アクセスを中心にISPら6社が出資するオープンワイヤレスネットワーク、KDDIを中心とした6社連合のワイヤレスブロードバンド企画、ウィルコムが申請を行っており、ウィルコムが次世代PHS事業を、オープンワイヤレスネットワークとワイヤレスブロードバンド企画がWiMAX事業を計画している...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。