考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000000-san-l04
 仙台市が建設し、長年買い手を探してきたJR仙台駅前の31階建て商業ビル「アエル」の市保有部分が、一括売却されることが13日、分かった。外資系投資ファンド運用会社が設立した特定目的会社「SCG16」(東京都)に約286億円で売却、年内に引き渡される見込み。

お買い物は楽天で^^




平成4年から譲渡先を公募していたが、10年の開業以来、市が暫定的に賃貸で運営していた。

 売却されるのは事務所部分(9~30階)の約9割と店舗部分(1~4階)の約3割。梅原克彦市長は「懸案だった一括取得の申し込みがあり大変喜ばしい」と話した。



投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。