考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:IPO「初値予測」で本当に重要な4つのポイントとは



IPO株で、上場初日に初値が急騰したところを売り逃げよう、と狙う投資家は多いでしょう。しかしこれを実現するには初値を予測する必要があります。今回はIPO株の「初値」を4つのポイントにより予測する方法を教えます。

初値を予想するポイントは?

 こんにちは、フィスコの岡村です。今回からが、IPOのプロ養成講座になります。マスターすれば、「そこらの証券マンより、IPOにはうるさいぜ!」と自負してもらっても構いません! 頑張っていきましょう。

 それではまず、IPO投資の醍醐味である“初値”について考えていきます。フィスコでは、上場日の前日に『初値予想』というレポートを出しています(詳細はフィスコHPでご覧ください)。

お買い物は楽天で^^




同レポートでは、上場日に付く初値を事前に予想しています。IPO好きな投資家さんの中には、上場日前日のこの『初値予想』が楽しみという方もいらっしゃるほどです(過去のIPO初音予想と結果はこちら)。

 実は、重要な要素さえ抑えておけば、初値は前段階である程度読めるものです。今回は、「何を押さえておけばよいのか?」に力点を置き、そのポイントを解説します。本当に重要なポイントは、実は“4つ”しかありません。今回は余すことなくご紹介しましょう。
「IPO初値を決定付ける4大ポイント」

① サイズ(公開株数、吸収資金額)  ② 将来性(業績変化率)  ③ パーツ(売買単位、上場市場)  ④ 地合い

 ポイントの4つというのが、この①~④です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。