考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月利下げは信用収縮の影響相殺が狙い=米FRB理事



 [ワシントン 11日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のクロズナー理事は11日、9月の0.50%ポイントの利下げについて、当初の措置が米金融市場の正常化につながらなかったため必要だったと述べた。
 講演原稿で理事は「あの時は、金融収縮の経済見通しへの影響を相殺し、一段の信用収縮が住宅市場に波及して生産や雇用全般の顕著な低迷につながるリスクを削減するために、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標の50ベーシスポイント(bp)引き下げが適切と判断した」と述べた。

お買い物は楽天で^^





 8月の公定歩合引き下げなど「一連の措置は金融市場の緊張を一部緩和する一助となったようだが、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)までに金融市場の機能は正常化していなかった」と指摘した。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。