考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:米国留学、上海駐在―「中国を見る眼」を書く背景―



中国を見る眼-The Way to Watch China -(8)-石井良宗

 2000年に第一興商を退職し、MBA取得のため家族と共に米国・アリゾナ州のサンダーバード大学院へ留学しました。サンダーバードは国際経営分野の教育で世界的な実績のある大学院です。世界中から学生が集まるので国際性豊かで多様性に富んだ授業が特徴です。私が大学院で特に力を入れて勉強したのはマーケティング、アカウンティング、アントレプレナーシップの分野です。世界中から来た友人と共におこなったさまざまなプロジェクトや議論を通じて多くのビジネスマインド、異文化間のコミュニケーションも学ぶことができました。そして世界中に多くの友人の輪が広がり、特に中国や韓国、台湾、タイでのビジネスにおいてMBAの友人達に助けられています。

お買い物は楽天で^^






 また大学院入学と同時に就職活動を開始しました。2001年に911事件が発生、アメリカが騒然とする中で大学院での私の就職活動はなかなか進みませんでしたが、幸い今後携帯電話サービス関連の事業を中国でも展開したいというNTTドコモでお世話になることになりました。

 MBAを取得する直前の2002年春に、日経ビジネスのニューヨーク特派員だった山崎良兵さんのお招きで初めてニューヨークに行き、911事件の現場である貿易センタービルの跡地を訪れました。事件からまだ半年ほどしか経過しておらず現場跡地は整地されていましたが回りのビルはまだ廃墟のままでした。跡地を見下ろすプラットホームの周りには無数の尋ね人の張り紙がありました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。