考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:週刊誌を賑わす女詐欺師二瓶絵夢の事件とは



 今週の週刊誌は、こぞって「美人ジャーナリスト二瓶絵夢と4人の政治家」のことを騒いでいる。「美人」かどうかは写真から判断してもらうとして、この二瓶とは、31歳、家賃83万円の六本木ミッドタウンに若いホストと住む子持ちの自称ライター。先月26日、表参道の土地取引をめぐり、東京地検特捜部に逮捕されたのだが、事件そのものは単なるサギ事件だった。

「300坪の一等地の所有者の委任状を偽造し、投資ファンド社長から11億円を騙し取ろうとした疑いです。さらに別のデッチ上げ地上げ話の5億5000万円詐取で再逮捕されるようです」(捜査事情通)
 それが、なぜ週刊誌を賑わせるかというと、山崎拓、平沢勝栄、菅直人、原口一博といった与野党の政治家人脈があるからだ。

お買い物は楽天で^^




そして、わざわざ地検特捜部が動いたからである。
 しかし、週刊誌をどう読んでも、検察の狙いが見えてこない。二瓶という女のサギ師の半生を書いているだけで、政界捜査がどう膨らんでいくのかも不明だ。
「もともと週刊誌『SPA!』のフリー記者だった二瓶は、日本中が北朝鮮の拉致問題で騒然となった5年前、救う会や家族会にズカズカ入り込み、会長の名刺や資料を勝手に使って、今度は政治家に情報売り込みで接近した。そうやって山拓や平沢の事務所に出入りすると、また勝手に私設秘書や政策顧問を名乗って、米大使館や国連とも関係をつくろうとしました。といっても実のある仕事はゼロ。人脈を誇示して自分を大物に見せることしか関心のない根っからのデマカセ女で、生きていくためには“肉弾戦”もいとわないタイプですが、そのサギの手口に引っかかる人間も多い...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。