考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金保険料のクレジットカード払いが可能に――2008年3月分から



 国民年金保険料の支払いが、2008年3月分よりクレジットカードで納付できることになりそうだ。厚生労働省に話を聞いた。

●手数料は0.6%?

 国民年金保険料を納めるには、以下のような方法がある。


1. 金融機関で支払う
2. 口座振替で支払う
3. コンビニエンスストアで支払う
4. 電子納付(ネットバンキング)を利用して支払う

 納税者の立場から見ると、クレジットカードでの支払いが可能になれば、分割払いなど支払い方法が多様になるほか、カードのポイントが付くというメリットもある。

 今回クレジットカード利用を認める目的について、担当者は、「保険料の納付環境を整備し、ひいては納付率向上に役立てたいため」だと話す。

お買い物は楽天で^^




コンビニやネットバンキングを利用可能にしたのと、クレジットカード利用は同じ流れということになる。

 しかしクレジットカードによる納付を認めるとなれば、国がカード会社に手数料を支払うことになる。手数料は定率0.6%で調整中ということで、これは一般店舗におけるショッピング決済の平均(2~3%)よりもかなり低い水準だ。

 とはいえ、仮に1回に1万4100円(国民年金保険料の月額)支払うと手数料は84.6円。12カ月分なら1015.12円である。現在、国が他の方式で払っている手数料は、コンビニ収納が50円、口座振替は10円ということなので、かなり高い手数料といえる。

●社保庁改革関連法の一環

 6月30日、社会保険庁改革関連法が成立したのは記憶に新しい...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。