考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:「為替」 本日のアジア外為市場概況(117.20)/ドル・円東京為替市場概況





[ドル・円東京為替市場概況]
*17:35JST 「本日のアジア外為市場概況(117.20)」
 8日のアジア外為市場のドル・円は、東京市場が休場となり、米国もコロンブスデ
イの休日で取引が限定的になる可能性があるなか、模様眺めムードが強かったが、米
雇用情勢の改善を受け景気減速懸念の後退からドル買い優勢気味の展開になり、116
円95銭から117円27銭で強含みに推移した。ユーロ・ドルは1.4153ドルから1.4088ド
ルまで軟調推移し、ユーロ・円は165円80銭から165円10銭まで下落した。
ポンド・ドルは2.0426ドルから2.0368ドルまで軟調推移、ドル・スイスは1.1761フラ
ンから1.1825フランまで強含みに推移した。

お買い物は楽天で^^





豪ドル・円は105円12銭から105円78銭、NZドル・円は89円10銭から89円90銭、カナ
ダ・円は118円96銭から119円47銭、ポンド・円は238円57銭から239円24銭で推移し
た。
17時現在相場水準:ドル・円117円10-15銭、ユーロ・円165円20-25銭
中国人民元:始7.5040元、高7.5076元、安7.5006元、7.5051元付近で推移
NYMEX原油先物時間外取引:始81.11ドル、高81.11ドル、安80.81ドル、80.69ドルで
推移
【経済指標】
特になし
【要人発言】
ラトIMF専務理事
「ドルは過小評価されており、市場の急激な変動招く可能性」
ビーニ・スマギECB理事(10/7、イタリア紙)
「ユーロ高是正に向けた行動、G7を待つ必要ない」
グリーンスパン前米FRB議長(10/7、米TV)
「米ドル安、現時点で問題ではない」
「米経済は減速しているが、景気後退の確率は50%以下」
ウォーシュ米FRB理事(10/5)
「クレジット市場は回復しつつあるが、依然懸念残る」
(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。