考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:米プライマリーディーラー、米雇用統計で10月利下げ予想が減少



 [ニューヨーク 5日 ロイター] 9月の米雇用統計が予想を上回ったことで、市場では10月の利下げ観測がやや後退した。雇用統計発表後、ロイターがプライマリーディーラーに行った調査によると、10月の0.25%利下げを見込む向きは18社中10社となった。
 9月18日の利下げ後の調査では18社中12社が同様の予想を立てていた。
 一方、12月の利下げを見込む向きは18社中8社で、前回調査の18社中6社から増加した。

お買い物は楽天で^^





 カントリーワイド・フィナンシャルのエコノミスト、エリック・グリーン氏は「9月の雇用統計からは利下げが10月に迫っているとは感じられないが、経済トレンドは実際に弱まっている」と指摘。米連邦公開市場委員会(FOMC)は10月に利下げを見送り、その後利下げを行う可能性があると述べた。
 利下げ幅については、18社中13社が年内0.25%と予想。あと1回の0.25%利下げで緩和サイクルは終了と回答したのは18社中半数に達した。
 フェデラルファンド(FF)金利が織り込む10月の0.25%利下げの確率は46%。雇用統計発表前は76%だった。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。