考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米金融・債券市場の展望、雇用統計の発表後は乱高下も



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000137-reu-bus_all
 [ニューヨーク 4日 ロイター] 5日の米国債相場は、注目の9月米雇用統計が発表された後、想定外の乱高下も予想される。
 マネーマネジャーらは、雇用統計がまずまずの増加を見せ、ウォール街のコンセンサスと一致したとしても、国債相場はジェットコースターのように急激に変動するか、もしくは狭いレンジ内にとどまる可能性があると指摘した。
 8月の雇用統計で非農業部門雇用者数が想定外に約4年ぶりの減少に転じた後、9月の非農業部門雇用者数は市場にとっての重要性が増した。この指標は、米連邦準備理事会(FRB)が追加利下げに踏み切るのではないかとの見通しを強めるか、あるいは打ち消す可能性がある。

お買い物は楽天で^^





 パンアゴラ・アセット・マネジメントのペリー・フィート氏は「あす(5日)が重要になるだろう」と述べた上で、「(雇用統計が)強い数字になるとは思わない」と語った。
 ロイターがエコノミストを対象に実施した調査によると、9月の非農業部門雇用者数の増減予想中央値は10万人増となっている。8月は4000人減だった。
 MFSインベストメントのチーフ投資ストラテジスト、ジェームズ・スワンソン氏は「市場はすでにまずまずの増加を織り込んでいる」と述べた。
 同氏は、増加幅が10万―12万人のレンジ内になるようであれば、国債相場はしっかりに推移、もしくは小幅上伸する公算が大きいと予想している。
 ファンドマネジャーらによると、増加幅が5万人以下となれば、国債相場は上伸し、利回りは押し下げられる見通しだ...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。