考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:ピムコのグロス氏、8月に米財務省とFRBの高官と会談



 [ニューヨーク 3日 ロイター] 米有力債券ファンド運用会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(ピムコ)の最高投資責任者(CIO)であるビル・グロス氏は、米連邦準備理事会(FRB)が公定歩合引き下げに踏み切った8月17日前後の時期、米財務省およびFRBの高官と会談していたことを明らかにした。
 1日に発行された10月の投資見通しで同氏は「私と他のピムコの専門家は、財務省とFRBの高官に、コマーシャルペーパー(CP)がほとんど凍結された状態であることや、世界的な債券・株式投資家の信頼感の喪失について説明した」としている。

お買い物は楽天で^^





 同氏は、財務省とFRBの両方から接触があったとしたが、話し合いに参加した高官の名前は明らかにしていない。ピムコは8月14日から21日の間にこれら高官と連絡を取っていた、という。
 最近公表された記録では、バーナンキFRB議長は、8月にクレジット市場の混乱が深刻化すると、金融機関幹部やルービン元財務長官と相次いで会談している。
 グロス氏は、今後数年はクレジット問題と住宅市場の危機への対応がFRBの政策の中心になるとし、短期金利は今後半年─1年の間に3.75%まで低下する可能性がある、との見方を示した。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。