考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:GMOグループ、「仮想世界」関連事業専門のファンド設立



 GMOインターネットグループでベンチャー投資・インキュベーション事業を行う「GMOベンチャーパートナーズ」(渋谷区桜丘町、以下GMO-VP)は10月3日、セカンドライフ(SL)などに代表される仮想世界関連事業を手がけるベンチャー企業を支援するファンドを設立したことを明らかにした。

 同社は昨年より専門スタッフを置き仮想世界に関する調査を開始。各国60以上の仮想世界をリサーチし、SLを含む仮想世界全般に「大きなポテンシャルがある」と判断。今後GMOが強みとするホスティング事業での成長も見込めるとして、専門ファンド設立に踏み切った。

 投資案件第1弾として、SL内に日本人専用居住区「MagSL(マグスル) Tokyo」を所有し、大手企業などのSL進出支援を行うマグスル(江戸川区)が実施する第三者割当増資を引き受ける。

お買い物は楽天で^^




マグスルTokyoは現在、サイバーエージェントやエイチアイエス、サントリーなど500以上のテナントが出店する人気居住区となっており、GMO-VPではこの点を評価。今後マグスルと協力し、事業展開の加速を目指すとしている。

 ファンド名称は「仮想世界ファンド投資事業組合」。運営期間は6年間で、2007年10月?2008年5月末が募集期間。募集予定金額は上限1億円。仮想世界関連事業で「独自の技術・ビジネスモデルを持ち、今後10年を担うベンチャー企業を投資対象にする」(同社)という。

 「メタバース」と称される3D仮想世界事業では、トランスコスモス(渋谷3)とフロム・ソフトウェア(笹塚2)、産業経済新聞社の合弁企業「ココア」(渋谷3)が年内をめどに東京の街をリアルに再現した仮想空間「meet-me(α版)」の立ち上げを予定しているほか、先行するSLに対し日本ユーザー向けの独自仮想世界を立ち上げる国内企業も少なくない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。