考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:県:地域活性化事業を支援 「応援ファンド」設立へ /三重



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000039-mailo-l24
 県議会の一般質問が2日行われ、県は、地域の特性や課題に対応したビジネスを支援するため、県産業支援センターに今月中に「みえ地域コミュニティ応援ファンド」を設けることを明らかにした。また、橋りょう点検の結果、早急に補修の必要な橋が4橋見つかったとして、今年度中に補修する方針を示した。
 同ファンドの基金は10億円で、県と、県内の金融機関が各1億円、独立行政法人の中小企業基盤整備機構が8億円を負担する。
 同センターが国債を購入して運用。年千数百万円の利息を、子育て支援や、農林水産物・観光資源を活用した事業、商店街の空き店舗を活用したチャレンジショップなど、地域への貢献度が高い事業を発足しようとする事業者の支援に充てる。

お買い物は楽天で^^





 中尾兼隆農水商工部長は「地域の知恵や資源を活用した事業をより多く創出するため、来年度もファンドを拡充し、地域の活性化を応援していきたい」と述べた。
 一方、早急に補修が必要とされた4橋は、伊勢市内の汐合橋(146・5メートル)と名張市内の3橋。橋脚や橋げた部分のコンクリートがはがれ落ち、内部の鉄筋に著しいさびが発生していた。
 県は、06年度に策定した点検要領に基づき、県管理の道路橋のうち、長さ15メートル以上の1209橋は08年度までに、15メートル未満の2807橋は10年度までに点検を完了させる予定。4橋は、06年度に行った453橋の点検で、損傷が分かった。野田素延県土整備部長は「09年度には、橋りょうの重要度や損傷程度に応じて優先順位付けを行い、補修計画を策定したい」と、今後も計画的に補修を進める考えを示した...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。