考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 [ドバイ 2日 ロイター] 資産規模500億ドルのカタールの政府系ファンド(ソブリン・ウエルス・ファンド)は、過去2年でドルのポートフォリオを半分以上削減して約40%とした。2日放映されたCNBCのインタビューでハマド首相が明らかにした。
 カタール投資庁のポートフォリオの約40%はユーロ、20%はポンドを含む他通貨に投資されたという。

お買い物は楽天で^^





 同首相は「以前は約99%がドルへの投資だった。2年ほど前からドルの投資比率は20%だ。石油やガスによる収入のすべてがドルで支払われているためだが、他の投資先も必要だ」と述べた。首相はカタール投資庁のトップも兼務している。
 ドルへの投資をさらに減らす方針かとの質問には「今は考えていない」と答えた。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。