考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:赤字だが乱立するネット動画ビジネス



■ネット・ビデオのいま

 米国では現在、YouTubeの成功に煽(あお)られて、多くのネットテレビ局ができている。西海岸では「ネット動画ミニバブル」と言って良い「投資合戦」が展開されている。インターネットプロバイダの老舗、AOLも、同社独自の動画サイト「AOL Video」を始めた。

 企業のプロモーションにも多くの動画が使われるようになり、企業のネット上のビデオ映像を専門に扱う企業も多く誕生、隆盛をきわめている。オンストリームメディア社はその分野の最大手で、サイト内の「CLIENTS」をクリックすると、マクドナルド、SONY、Intel、セブンイレブン、P&Gなど、数多くの巨大上場企業を見ることができる。

お買い物は楽天で^^




実はAOL Videoもこの会社の顧客だ。すでに同社は日本進出の準備を進めているという。

 最近では、ネット・オークションの画像に動画を使うというプロジェクトも進んでおり、売りたい商品をより詳細に、魅力的に見せることが始まろうとしている。

 さらには、シリコンバレーを抱えるカリフォルニアを中心に、中小の「ネット・ビデオ専門放送局」もたくさん立ち上がっている。

 たとえば、Yugobi-TVは企業や団体からのビデオ映像のみを流すことが目的で作られた、米国発の日本語ネットテレビ局だ。ネット上の「小さな公共放送局」というコンセプトで作られた。日本よりさらに貧弱な多くの米国のネット通信環境に合わせ、画像データの圧縮率を上げ、それでも画像の品質を落とさないような工夫がされている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。