考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・サブプライム問題 英ノーザン解体も 信用収縮深刻、買い手付かず



 ■政府も対応苦慮

 英主要メディアによると、米国のサブプライム(高金利型)住宅ローン問題の影響で資金難に陥っている英中堅銀行、ノーザン・ロックが近く解体に追い込まれる可能性が出てきた。株主からは身売りを求める圧力が高まっているが、買い手が見つからないためだ。強力な公的支援を打ち出した英政府も難しい対応を迫られそうだ。

 フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)は24日、数週間以内にノーザンの買い手が現れなければ、同行は解体して76の店舗、IT(情報技術)システム、住宅ローン債権を切り売りする検討を迫られると報じた。

 同行の株価は、2週間前に経営危機が表面化してから先週末までに4分の1に急落、絶好の買い手相場となっていた。

お買い物は楽天で^^




ところが、スコットランド銀行などノーザン買収に名乗りを上げていた英大手金融機関が相次ぎ買収を断念。サンデー・タイムズ紙などによると、12以上の欧州金融機関が買収をしない方針を決めたという。

 身売り話が難航しているのは、信用収縮が深刻で、同行の事業継続が予想以上に困難なためだ。ノーザンは、イングランド銀行(BOE=中央銀行)による30億ポンドの緊急融資で取り付け騒ぎの急場をしのいだが、銀行間取引市場や一般預金客から継続的に資金調達を行うのは難しく、ノーザンを買収した金融機関は200億ポンド規模の増資が必要と指摘されている。

 こうした中、ノーザンの保有資産を有利に取得しようとする動きも出てきた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。