考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:DJ-【米国債市場概況】住宅指標発表待ち、米国債は小幅高



ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)24日の米国債市場では、静かな取引のなかで米国債価格はやや上昇した。最近はやや不安定な展開だったが、この日は市場が一服した。市場を左右する主要経済指標の発表がないなか、米国債価格は海外市場でやや下落したが、その後、米国市場の取引では持ち直し始めた。しかし、多くの投資家は様子見を続け、新たな持ち高を形成するにあたり、住宅関連統計の発表を待とうとしていた。UBSの金利ストラテジスト、ウィリアム・オドンネル氏は、「神経質な静けさだった。今週の主要経済指標である住宅販売や物価統計および消費者信頼感指数は、これから発表される。このため、市場は様子見となった」と語った。

お買い物は楽天で^^




また、24日は日本市場が休場だったこともあり、出来高は、最近の平均の70%にも満たなかっただろうと指摘した。25日に商務省が発表する中古住宅販売件数はさらに減少し、同日に米産業審議会(コンファレンスボード)が発表する9月の消費者信頼感指数も、105から104.5に低下するとみられている。UBSのオドンネル氏は、今週発表される指標で予想外の動きがなければ、短期債利回りが4%近辺にとどまる一方、長期債利回りはインフレ懸念を背景として上昇圧力を受けるため、利回り曲線はゆっくりとスティープ化を続けるとみている、24日は、主要経済指標の発表はまったくなかったが、米連邦準備制度理事会(FRB)関係者が講演をした。一部の政策担当者は、先週フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.5%引き下げたFRBの政策判断を説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。