考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:「為替」 ドル売り一服115.86円/1.4042ドル、原油5日ぶり下落/ニューヨーク外国為替市場概況





[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:26JST 「「ドル売り一服115.86円/1.4042ドル、原油5日ぶり下落」
【ロンドン市場概況】
 21日のロンドン外為市場では、ドル・円は、ロシア筋などのドル買いをきっかけ
にショートカバーの買いが強まり、114円92銭から115円70銭まで上昇、ユーロ・円
も161円82銭から162円66銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.4086ドルから1.4050ド
ルまで軟調推移、ポンド・ドルは2.0128ドルから2.0173ドルで上下し、ドル・スイ
スは1.1716フランから1.1764フランまで上昇した。
【経済指標】
ユーロ圏・7月経常収支(季調前): 33億ユーロ(6月 126億ユーロ← 114億ユーロ)
ユーロ圏・9月製造業PMI:53.2(予想53.9、8月54.3)
ユーロ圏・9月サービス部門PMI:54.0(予想57.5、8月58.0)
【要人発言】
ラガルド仏経済財務雇用相
「ECB、来月の理事会でユーロ高を協議すべき」
ビーニ・スマギECB理事
「ECB総裁とユーログループの議長だけが為替レートについてコメントすべき」
ミシュキン米FRB理事
「景気の悪化は常に金融の動揺を伴う」
グリーンスパン前米FRB議長
「米国の住宅価格はさらに下落する見込み」
篠原財務官
「サブプライム問題に伴う市場の混乱、来年4月のG7にかけて議論」
「外為市場、一時に比べボラティリティ落ちたが依然として高い」
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:115円57銭、ユーロ・円:162円40銭、ユーロ・ドル:1.4054ドル、ポン
ド・ドル:2.0155ドル、ドル・スイス:1.1755フラン
【ニューヨーク市場概況】
 21日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は米株式市場の上昇や外貨建て投信
設定絡みの買いにショートカバーを巻き込み115円86銭まで上昇後、米債券利回りの
低下や利食い売りを受けて115円27銭へ反落し、115円45-50銭で取引を終えた...



お買い物は楽天で^^




ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。