考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・来週の外為市場はドル弱含み、米利下げ後の要人発言などを注視



 [東京 21日 ロイター] 来週の外為市場は、ドル弱含みの展開になりそうだ。投資家が連邦準備理事会(FRB)の追加利下げを予想、ドルの魅力が失われるとの見方に傾いたことが背景。米景気の後退懸念も浮上しており、経済指標も手掛かりになるとみられる。要人の講演などが複数予定されており、米利下げ後の金融政策に関する発言が注目を集めそうだ。一方、全国8月消費者物価指数(CPI)は、予想の範囲内なら反応は限定的になるとみられる。
 予想レンジはドル/円が113.50─116.50円、ユーロ/ドルが1.3900―1.4300ドル。
 <FRB利下げの影響、経済指標や要人発言で見極め>
 FRBは18日、連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)レート金利の誘導目標水準を0.50%引き下げた。

お買い物は楽天で^^




これを受け、米国の株価が好感し、主要通貨買い/円売りが進んだ。ただ、来週の外為市場では「輸出の駆け込み売りが予想されるほか、米経済に減速懸念があるため、基本的にドル弱含みの展開だろう」(邦銀)とされる。ドルは、ユーロや資源国通貨に対しては弱含み、円に対しては若干弱含みになるという。
 来週は、フィッシャー米ダラス地区連銀総裁やプール米セントルイス地区連銀をはじめ、複数の地区連銀総裁による講演が予定されており、米利下げ後の金融政策スタンスに関する発言が注目される。また、26日のトリシェ欧州中銀(ECB)総裁による講演では、金利先高期待を背景に強さが目立ち始めたユーロに関する発言に関心が集まる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。